2011年12月16日金曜日

Galaxy Note N7000

EXPANSYSでGalaxy Noteを買ってみた。1年間ほど使っていたEMOBILEのHTC ARIAが壊れたので後継機を探しており、先物のGalaxy Nexusや、高性能のGalaxy S2 LTEと迷ったが、デジタイザの書き心地とノートアプリが気になってNoteを選択。





起動画面(ロック画面)はノート&ペンを意識したこんな風でいい感じ。








デジタイザ&専用スタイラスの書き心地はさすが。とはいえ、紙の手帳でも同じことだが、本体を手に持ってメモを取るのは少し不安定で、ペンを持つ手が右下のBACKボタンに触れそうになる。机に置いた状態であれば文句なし。





手書きが得意となれば 7notes with mazec が本領を発揮。ATOKと比較した結果、IMEはmazecに決定。








1ヶ月ほどREGZA Tabletを使ってみて7inchを持ち歩くのも悪くないことがわかったが、なんといっても3Gに常時接続できないのは不便なので(iPodで分かっていたはずなのだが orz)、しばらくはGalaxy Note +日本通信bmobileを使ってみるつもり。しかし眼が悪くなった45歳にとっては、書籍リーダは7inchの方が断然読みやすい。



2011年12月10日土曜日

1996年、ヴォーヌ・ロマネ&ジュヴレ・シャンベルタン

値段が数倍違うメオ・カミュゼのヴォーヌ・ロマネ・オー・ブリュレとセラフィン・ペール・エ・フィスのジュヴレ・シャンベルタンの1996年を飲み比べ。
前者はスパイシーで濃厚で特に尖ったところのない南国風。開栓直後は閉じた印象だが、1~2時間すると熟成香を出てより美味しくなる。後者は明るく華やかで酸のしっかりしたいかにもブルゴーニュ風。
これまでシャンボール・ミュジニーやジュヴレ・シャンベルタンを飲むことが多かったせいかヴォーヌ・ロマネにはちょっと違和感あって、値段を見なければ後者の方を選ぶかもね。

2011年12月4日日曜日

イヴリー・ギトリス/ヴァイオリン・リサイタル

2011年11月27日、東京文化会館小ホール、K列18番
イヴリー・ギトリス/ピアノ:ヴァハン・マルディロシアン
  • ベートーヴェン: ヴァイオリン・ソナタ第9番《クロイツェル》
  • ブラームス:弦楽六重奏曲第1番より《主題と変奏》、ピアノ独奏
  • ドビュッシー: ヴァイオリンとピアノのソナタ
  • 愛の悲しみ、などなど
音程もリズムも思いっきり揺らすが独自の世界だが、音楽そのものは揺るぎないしっかりした演奏。89歳でこんなに演奏できるものなんだ。凄い。