2011年5月29日日曜日

コダーイ弦楽四重奏団

2011年5月29日
東京文化会館小ホール(D列25番、4500円)
  • ハイドン:「皇帝」
  • モーツァルト:クラリネット五重奏曲、橋本杏奈(cl)
  • ベートーヴェン:ラズモフスキー第3番
円熟の演奏。非常に柔らかい音色で、透明感あるハーモニーが美しく、ハイドンとモーツァルトのゆったりとした第2楽章は秀逸。楽器間の音量バランスも完璧で、チェロのしっかりした低音の上にヴィオラと第2ヴァイオリンが完全に調和し、その上で第1ヴァイオリンがわずかに際立つ音色で滑らかに旋律を奏でる。モーツァルトは、渋い四重奏団との対比で、若々しいクラリネットの美しい音色が引き立っている。鋭さが無いためベートーヴェンは大人しく感じるが、まったり系四重奏団としては充分に魅力的。

コダーイ四重奏団の皇帝が良かったので、有名な第2楽章をアルバンベルクとフェステティチ(左絵)のCDで聴き比べ。アルバンベルクは、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの美しいハーモニーの上に第1ヴァイオリンが滑らかに旋律を奏でるところはコダーイ四重奏団と同様のイメージ。普段は目立ちすぎる第1ヴァイオリンのピヒラーが、いつになく音量を抑えて奏でる旋律が極めて美しく、さすがの好演奏。一方のフェステティチは、各楽器の旋律がより鮮明に聴こえ、対位法的な面白さがよりよく聴き取れる。どちらも良い演奏だが、この変奏曲に関しては、アルバンベルクの美しさが際立っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿