2011年3月25日金曜日

シュタイアーのモーツァルト:ピアノソナタ

フォルテピアノで弾く自由奔放なモーツァルト。時代に合わせるのか逆をいくのかはっきりしろよと突っ込みたくなる、面白い!

2011年3月18日金曜日

ビストロ・ボノミー

近所(五反田)のビストロ・ボノミーへ。前菜は定番のフォアグラのコンフィ&甘口ワインのドーフィネ・ロンディヨン2002。メインは短角牛のステーキ&ドメーヌ・ジャナスのコート・デュ・ローヌ2009。短角牛は上品な赤身で鴨のような雰囲気。

2011年3月3日木曜日

イザベル・ファウスト、ブラームス

透明感のある音色で冷たく厳しさを感じる演奏。ファウストらしい好演奏なのだろうけど、シベリウスみたいで、ブラームスだと少し違和感あるかも。もっとウジウジ、クヨクヨしてないとらしくない。オケが室内管弦楽団のせいなのか、やや高音よりのバランスで軽く感じるのだが、より低重心の重厚な音色であれば、ソロヴァイオリンとの対比が面白かったかもしれない。
弦楽六重奏曲第2番も同様にブラームスにしては厳しすぎる気もするが、チェロの音色とバランスして聴きやすく、ファウストの良さが引き立っている。協奏曲よりも、こちらの方が好み。