2010年11月27日土曜日

ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団

2010年11月27日
横浜みなとみらいホール(1階C3列25番、S席¥13,000)
  • シューマン:序曲、スケルツォとフィナーレ
  • ベートーヴェン:大フーガ(弦楽合奏版)
  • ベートーヴェン:交響曲第5番
  • (ア)ブラームス:ハンガリー舞曲第5番、第6番
2007年の同楽団ベートーヴェン第2番に良い印象があったので、大フーガと第5を聴きに行く。ヤルヴィは3年前と(たぶん)同じ衣装で、以前と変らない颯爽とした指揮ぶり。カンマーフィルならではの溌剌とした、抑揚のある、歯切れの良い演奏も相変わらず。厚みにはやや欠けるものの、各パートの見通しがよく、自由自在にコントロールできている印象。
大フーガは、小編成で歯切れが良いとはいえ、弦楽四重奏団の演奏と比べると大味で、各パートごとの細かいやりとりは表現できていない感じだが、反面響きに厚みがあって、これはこれで楽しめる。大きなホールの後方で弦楽四重奏団を聴くとスカスカしちゃうので、ライヴでは小編成オケの方がよいかもしれない。
第5は期待通りの速いテンポでシャープな演奏。小編成ではあるが、軽快になりすぎず、強奏部分は充分に迫力がある。グッド。
アンコールは定番のハンガリー舞曲で、強弱、緩急をつけた盛り上げる演奏。とはいえ、間の取り方(ため)がわざとらしい感じあり。ブラームスのようなロマンティックさが必要な演目はウィーンのオケの方が上手だ。
とても良い演奏であったが、最近は小編成・ピリオド奏法の演奏会やCDが多い。たまにはクレンペラーやチェリビダッケのような重厚なベートーヴェンも聴きたいものだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿