2010年6月5日土曜日

ツィメルマン、ピアノ・リサイタル

2010年6月5日
サントリーホール(C2階6列25番、¥16,000)
オールショパンプログラム
  • ノクターン第5番
  • ピアノソナタ第2番
  • スケルツォ第2番
  • ピアノソナタ第3番
  • 舟歌
情感を込めた大きなアクションから、極めて普通のショパンが聴こえてくる。王道というか、正統というか、本格的というか、その類の演奏。ソナタ第3番の終楽章、軽快に始まった最初のロンドから、次第に剛健で思い響きに変化していく様子が印象的。とても良い演奏だと思うが、かがんだり、のけぞったり、アクションがオーバーだと思うんだよなぁ。目をつぶっている方が良く聴こえる。それにしても、2階席はピアノには不向き。音量が不足しているうえに、全てレガートのようでエッジが立たず、腹に伝わってくる低音の響きも少ない。1階の5列目ぐらいで聴けば、また違った感想になるだろうな。

0 件のコメント:

コメントを投稿