2007年12月31日月曜日

2007年コンサートまとめ

2007年のベストはポゴレリチで決まり。次の来日もぜひとも聴かねば。

2007年11月4日日曜日

ティーレマン指揮ミュンヘンフィル

2007年11月4日
サントリーホール、2階席後方
  • ブルックナー:交響曲第5番
大喝采だったので良い演奏だったのだろうけど、正直ブルックナーはよくわからないし、半部ぐらいは寝てた(もったいない)。ブルックナーをCDで何度聴いても良さが実感できないので、定評あるティーレマン&ミュンヘンフィルならと思ったが、無駄であった。オケの音色は大変心地よかった。

2007年9月27日木曜日

バレンボイム指揮ベルリン・シュターツカペレ

2007年9月27日
サントリーホール、RB-5-8
  • ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
  • ベートーヴェン:交響曲第3番
とても大味で練習不足な感じの演奏。大音量時のハーモニーもいまいち。

2007年7月21日土曜日

ヤルヴィ指揮ドイツカンマーフィル

2007年7月21日
横浜みなとみらいホール
  • ベートーヴェン:エグモント序曲
  • ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための三重協奏曲、諏訪内晶子(Vn)
  • ベートーヴェン:交響曲第2番
CDで聴いていたとおりのシャープな演奏。古風で重厚な演奏が個人的には好みではあるが、これはこれで心地よい。黒いタイトないでたちのパーヴォ・ヤルヴィの指揮ぶりも颯爽としており、低音部を強調するときの低い位置で指揮棒を振る姿が印象的。諏訪内は、これもCDで聴くとおりに繊細な好演奏。

2007年5月18日金曜日

ドホナーニ指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団

2007年5月18日
東京オペラシティ、1階26列7番
  • ブラームス:交響曲第3番
  • ブラームス:交響曲第1番
重厚な音色で、各パートがバランスよく響く。1番第2楽章終わりのヴァイオリンのソロがとても綺麗で印象的。

2007年2月3日土曜日

ビリー指揮ウィーン放送交響楽団

2007年2月3日
東京オペラシティ
  • ワーグナー:「タンホイザー」序曲
  • シューベルト:「未完成」
  • ドヴォルザーク:交響曲第9番
大音量時のハーモニーが荒い。あまり良いとは感じない。アンコールのシュトラウスは良かった。表面的に盛り上げるタイプの指揮者かな。

2007年1月12日金曜日

ポゴレリチ、ピアノリサイタル

2007年1月12日
サントリーホール、RC2-1-4
  • リスト:超絶技巧練習曲「鬼火」「狩り」、ほか
  • バラキレフ:イスラメイ
  • ベートーヴェン:ピアノソナタ第24番、第32番、ほか
超スローテンポのベートーヴェン、大爆音(音歪んでるし)かつ猛スピードのリストとイスラメイ。ひどすぎ、じゃなかった、凄すぎ、素晴らしい。ピアノのコンサートでこれほど心に残るのは珍しい。文句言っている人も結構いるのだけれど、以前の来日ではこうじゃなかったのかな。普通の演奏ならポリーニやアンスネスを聴きに行けばよいわけで、こういうのを求めているからポゴレリチなんだよねぇ。