2011年12月16日金曜日

Galaxy Note N7000

EXPANSYSでGalaxy Noteを買ってみた。1年間ほど使っていたEMOBILEのHTC ARIAが壊れたので後継機を探しており、先物のGalaxy Nexusや、高性能のGalaxy S2 LTEと迷ったが、デジタイザの書き心地とノートアプリが気になってNoteを選択。





起動画面(ロック画面)はノート&ペンを意識したこんな風でいい感じ。








デジタイザ&専用スタイラスの書き心地はさすが。とはいえ、紙の手帳でも同じことだが、本体を手に持ってメモを取るのは少し不安定で、ペンを持つ手が右下のBACKボタンに触れそうになる。机に置いた状態であれば文句なし。





手書きが得意となれば 7notes with mazec が本領を発揮。ATOKと比較した結果、IMEはmazecに決定。








1ヶ月ほどREGZA Tabletを使ってみて7inchを持ち歩くのも悪くないことがわかったが、なんといっても3Gに常時接続できないのは不便なので(iPodで分かっていたはずなのだが orz)、しばらくはGalaxy Note +日本通信bmobileを使ってみるつもり。しかし眼が悪くなった45歳にとっては、書籍リーダは7inchの方が断然読みやすい。



2011年12月10日土曜日

1996年、ヴォーヌ・ロマネ&ジュヴレ・シャンベルタン

値段が数倍違うメオ・カミュゼのヴォーヌ・ロマネ・オー・ブリュレとセラフィン・ペール・エ・フィスのジュヴレ・シャンベルタンの1996年を飲み比べ。
前者はスパイシーで濃厚で特に尖ったところのない南国風。開栓直後は閉じた印象だが、1~2時間すると熟成香を出てより美味しくなる。後者は明るく華やかで酸のしっかりしたいかにもブルゴーニュ風。
これまでシャンボール・ミュジニーやジュヴレ・シャンベルタンを飲むことが多かったせいかヴォーヌ・ロマネにはちょっと違和感あって、値段を見なければ後者の方を選ぶかもね。

2011年12月4日日曜日

イヴリー・ギトリス/ヴァイオリン・リサイタル

2011年11月27日、東京文化会館小ホール、K列18番
イヴリー・ギトリス/ピアノ:ヴァハン・マルディロシアン
  • ベートーヴェン: ヴァイオリン・ソナタ第9番《クロイツェル》
  • ブラームス:弦楽六重奏曲第1番より《主題と変奏》、ピアノ独奏
  • ドビュッシー: ヴァイオリンとピアノのソナタ
  • 愛の悲しみ、などなど
音程もリズムも思いっきり揺らすが独自の世界だが、音楽そのものは揺るぎないしっかりした演奏。89歳でこんなに演奏できるものなんだ。凄い。

2011年11月27日日曜日

シャンボール・ミュジニ&ポイヤック

ヴォギュエのレザムルーズ1998とピション・ロングヴィル・バロン1988を飲み比べ。
前者は、明るく華やかな赤果実系で、濃密な果実味、極めてしっかりとしたミネラルと酸、長い余韻。まさにブルゴーニュといった趣きの素晴らしい味わい。
後者は、これもいかにもポイヤックらしい、森や土がイメージされる深遠な雰囲気の落ち着いた味わい。もう少し熟成した甘美な雰囲気があってもと思うが、なかなかのもの。
方向性の異なる2本で、同時に飲み比べると互いの良さが際立つが、特にヴォギュエが素晴らしい。

2011年11月20日日曜日

パーヴォ・ヤルヴィ指揮、パリ管弦楽団

2011年11月20日、横浜みなとみらいホール、1階C24列17番
パーヴォ・ヤルヴィ指揮 パリ管弦楽団
  • ビゼー:交響曲 ハ長調
  • ドビュッシー:クラリネットと管弦楽のための狂詩曲 第1番
  • ベルリオーズ:幻想交響曲
明るく華やかなオケの音色、ヤルヴィのきびきびとした指揮に従う正確なテンポ感とアンサンブル、柔らかくも際立つ管楽器、ビゼーのアダージョや幻想3楽章のようなゆったりとした曲での美しい弦楽器のハーモニー。素晴らしい演奏。
幻想交響曲は、パーカッションと8本のコントラバスがしっかりとした重低音を響かせるが、全体的には艶のある華やかな音色で、テンポやアンサンブルの正確さも相まって、全体的には綺麗で上手な演奏。もう少し陰影のある怪しい雰囲気が出ると最高かな。

2011年11月12日土曜日

2003年、シャンボール・ミュジニ&ポマール

ルーミエのシャンボール・ミュジニ・レ・クラ2003と、デュガ・ピィのポマール・ラ・ルヴリエール2003を飲み比べ。
前者は、開栓直後の色とりどりの明るく華やかな香りが、時間経過とともに革系の熟成香を含む黒系の暗い雰囲気に変化。タンニンは柔らかいがミネラルはしっかりしており甘みを感じる。
後者は、開栓直後から暗めの黒系の香り。タンニンがかなり強く、重々しさがある。
いずれももう少し待ったほうが良さそうで、雰囲気はかなり似ている。正直、目隠しで飲むと、どちらなのか当てられない orz。

2011年10月14日金曜日

ヤノフスキ指揮、ベルリン放送交響楽団

2011年10月14日、オペラシティ、1階9列14番
マレク・ヤノフスキ指揮 ベルリン放送交響楽団
  • ブラームス:交響曲 第3番 ヘ長調
  • ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調
ドイツらしい低音重視の音色バランスだが、重々しさはなく、テンポも速く軽やか。全体的にはオーソドックスだが、随所に細かい表情づけが感じられ、演奏もシャープ。ブラームスは、もう少し大きなうねりのある、ゆったりと重厚な演奏の方が好みではあるが、演奏は上手。ベートーヴェンならもっと良かったであろうと思っていたが、以前の記録を見直してみると、2009年の同楽団、同指揮者のベートーヴェン交響曲第7番を好評価していた。今後も期待。

2011年10月11日火曜日

イ・ムジチ合奏団

2011年10月11日、オペラシティ、1階5列16番
イ・ムジチ合奏団
  • ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲 イ長調
  • ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリン、2つのチェロのための協奏曲 ト長調
  • ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲 ト長調 「田園風」
  • ジェミニアーニ:合奏協奏曲 ニ短調 「ラ・フォリア」
  • ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲 「四季」
端正な演奏。アンサンブルが綺麗に揃ったハーモニーが極めて美しい。アントニオ・アンセルミの情熱的で活き活きとしたソロもなかなか。アンコールの「赤とんぼ」も叙情的で極めて美しく、泣きそうになる。素晴らしい。

2011年10月8日土曜日

ウィハン弦楽四重奏団・米山朋子

ウィハン弦楽四重奏団、2011年10月8日
王子ホール
  • モーツァルト:弦楽四重奏曲#11
  • ブラームス:ピアノ五重奏曲、新弥生(p)
  • シューマン:ピアノ五重奏曲、米山朋子(p)
シューマンは、ピアノと四重奏団が音量、アンサンブルともにピタリと合った美しい演奏。特に第2楽章、第3楽章のシンミリとした部分が綺麗。

2011年9月29日木曜日

ゲルバー ピアノリサイタル

ブルーノ・レオナルド・ゲルバー ピアノ・リサイタル
2011年9月29日
オペラシティー、1階5列13番、S席
  • ベートーヴェン:ピアノソナタ#14「月光」
  • ベートーヴェン:ピアノソナタ#23「熱情」
  • ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
強い打鍵。混濁する和音。響きとハーモニーを重視した力強い演奏。素晴らしい。